マンションでのコミュニティを計るには

マンションでのコミュニティを計るには

物が溢れる時代、そして便利で活用しやすく、娯楽がある時代ですが、その反面人はコミュニティの場を忘れ、人とのかかわりをいつの間にか持たなくなってきました。
コミュニケーションが図れない時代とも言われ、マンションに住んでいても隣の人を知らないというケースが多々あります。
このようなケースになると、どこか寂しさを感じます。
長崎沖にある、軍艦島ではかつて炭鉱を掘り出すために、多くの人が小さな島に5000人が住みついていました。
ここは、日本のマンションの先駆けの場所でもあります。
構造を見ると、今の団地ですが建物と建物の間には、通路があり橋渡しがされていました。
人との交流を図る、コミュニティの場所もあったのです。
現在は、無人島となっていますが、当時の面影を残しています。
そんな軍艦島のかつての暮らしを参考にし、マンションもコミュニティの場を作ることで人との関わりをもてます。
ペットと供に暮らせる所であれば、飼い主同士が仲良くなれます。
また、マナーを守った暮らしであれば、近所にも迷惑をかけません。
ペットが、思いがけない人との関わりを運んでくれます。
今の時代は、人との関わりが薄いのが現状です。
人とたわいのない会話というのは、楽しいもの。
そんな場があると、暮らしもより良くなります。くわしくはここをクリック!


http://www.fedbol.com/