宅建の資格は色々な分野で求められます。

宅建の資格は色々な分野で求められます。

土地や建物などの不動産の売買は個人間での取引も可能ですけど、ほとんどの場合不動産業者に依頼するものです。
不動産の売買をするに当たって必要とされる資格が宅建です。
不動産の売買は高額の取引ですし、民法をはじめとして建築基準法・都市計画法などの数多くの関係法令が適用されますから、専門知識が必要になります。
建築会社・不動産業者だけでなく、金融機関などでも不動産に関する知識が必要ですし、保険会社でも土地担保融資の際に必要とされますから、幅広い分野の仕事があります。
高齢社会になって、住み替えや売却案件も増える事が予想されますし、核家族化は遺産相続の際に不動産の処分と言うケースも出てくるものです。
売却だけでなく、賃貸物件として管理するケースも考えられますから、幅広い知識が必要になります。
人が移動する事によって、土地・建物の売買・賃貸などが発生しますから、不動産に関する専門知識を持った人材が必要とされます。
全国展開する衣料・飲食店などの企業においても、土地の取得や賃借の際に不動産の専門知識があれば、トラブルを防ぐ事にもつながりますから、必要とされるのが宅建の資格です。
経済状況の変化に伴って業界の優劣は変化しますけど、土地・建物の売買・賃借などの需要が無くなることはありません。


http://www.fedbol.com/?fed=3